肩こり・首のこり

肩こりとは

首から肩にかけてのこりや痛み、重苦しい不快感などの総称です。 肩の筋肉の緊張や疲労によって血液の流れが悪くなり、 酸素や栄養が行き渡らなくなったり疲労物質が蓄積することによって肩こりを起こすと言われています。

肩こり・首のこりの原因

肩こりの多くは、日常的な悪い姿勢によるものです。 人間の頭部は5kgの重さがあると言われていますが、 頭の重心が正しい位置から外れたまま長時間過ごすことによって、肩から首にかけての筋肉に負荷がかかっているのです。

日本人の多くは背中を丸くしている人が多いのですが、それによって頭の重心が前方に移動しています。 前方に移動した頭は、首の後ろから肩にかけての筋肉を緊張させることによって、その位置を維持しています。 緊張した筋肉は血行が悪くなり疲労物質が溜まりやすくなります。 血行が悪いことから、酸素が足りなくなるので鈍い痛みとなって現れます。 人によっては自律神経の調子を崩す場合もあり、自律神経失調症と思える症状が現れたりします。

一時的に筋肉を疲労させているだけなら、休養を取れば徐々に回復するはずです。 また、運動したり揉んだりすることによって血行を促せば、良くなる場合もあります。 しかし、一晩寝ても治らない、運動したり揉んだりしても一時的には良くなることはあっても、 またすぐ悪くなってしまうという場合には、 一時的な筋肉の疲労では無いと言えます。

肩こりの原因は何というように一概に限定することはできませんが、 姿勢が悪くなって良い姿勢になれないことが原因となってる場合が多くあります。

慢性的に頭部が前方に突出した姿勢にする要素がなんであっても、 僧帽筋など首の後ろや背中にある筋肉は、姿勢そのものによって引っ張られ続けます。 この姿勢を続けることによって後頭部の筋肉などが疲労するようになります。 時間と共にこの疲労は頭部にまで広がり、痛みとなります。

肩こり・首のこりの解消

このような肩こりの対策は、姿勢の改善と運動療法が必要になってきます。

良い姿勢になれない理由はいくつかあります。 多くの原因がありますが、それぞれ単独あるいは複合的に組み合わさることにより、肩こりとなっている場合が多くあります。 原因の一例とその対策は下のようになります。

背骨の関節が固くなって、正しく動くことが出来ない。

固くなった関節をカイロプラクティック独自の検査法により調べ、動きを取り戻す矯正を行います。

背骨の間にある椎間板が、長時間の悪い姿勢によって一時的に変形して、戻りにくくなっている。

縮んでしまった組織は軽い牽引を加え、伸ばされてしまった組織には圧縮を加えることにより、本来の機能を取り戻します。

体全体のバランスが崩れて、頭を前に出すことによってようやくバランスを維持している。

例えば腰に問題があり重心が後部に寄っている場合は、 頭部を前方に突出させることによってバランスを保っているのかもしれません。 その場合は腰の問題を解消すれば、正しいバランスが保てるようになるため、結果的に肩こりの対策となります。

一部の筋肉が緊張することによって、頭を前方に引っ張っている。

体の前方の筋肉が緊張すると頭が前に引っ張られてしまいます。 この場合はその筋肉の問題を解消することが、肩こりの対策になります。

以上は一例です。全ての肩こりがこのような原因や解消法になるものではありません。

Contents

Column

サイトマップ

サイト運営:杉並区荻窪の整体院

当サイトは杉並区荻窪の整体院: うだがわカイロプラクティック東京都杉並区荻窪整体院 が運営しております。 杉並区のほか東京都内の多くからも来院されています。

Copyright カイロプラクティック整体ガイド Since 2001
inserted by FC2 system