O脚・X脚(O脚・X脚)

膝に症状が出やすい理由

「O脚・X脚が問題なのに、膝以外に原因があるのはおかしい!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 なぜ膝にO脚・X脚というようなゆがみの問題が起きているように見えるか考えてみましょう。

膝の関節は、関節のかみ合わせが浅い構造になっており、非常に自由度が高く柔軟に動く構造になっています。 それを靭帯や筋肉が支え、関節の動く方向は主には曲げ伸ばしですが、 曲げ伸ばしと同時に捻りや横の曲げ前後のスライドも小さい動きですが連動して行うことができます。

これほどの自由度は他の下肢の関節にはなく、 膝を動かす動作は他の下肢だけでなく体全体もが連動してひとつの動作を行うことになります。 その動作の中で体のどこかに歪みが生じ、連動した動作がスムーズに行えていないとき、 最も自由度の高い膝の関節に代償的な歪みが生じていきます。

この代償的な歪みによって引き起こされたO脚やX脚は、 膝の歪みのみを調整してもすぐにもとの歪みが発生してしまいます。 膝のみの調整というのは、根本的改善という考え方からみると十分であるとは言えないでしょう。

改善するO脚・X脚と改善しないO脚・X脚

まずO脚というものは生まれてしばらくは誰にでもあります。 そして成長に伴い歩行するようになってきて、大腿骨の頸部が体の重さによって成長と共に角度が変化していき、O脚の度合いは減少していきます。 この角度の変化は若干個人差があり、角度の変化が少なかった場合等には成人になっても多少のO脚を示すことがあります。 逆に角度の変化が大きかった場合には、X脚を示すことがあり、また骨折などによっても角度は変化します。 こういった構造的な問題によるO脚やX脚は、カイロプラクティックやその他手技療法では根本的改善は期待できません。 効果が期待できるO脚やX脚というものは、体の関節の動きの悪さや姿勢の悪さによる体の歪みによって引き起こされるO脚やX脚というものです。

カイロプラクティックのO脚・X脚に対する取り組み方

カイロプラクティックでは短時間だけ脚がまっすぐ狭くなればいいというような施術は行いません。 根本的な改善は、生活習慣や体全体のバランスを整えた結果であるというのが、カイロプラクティックです。

O脚矯正・X脚矯正の現実

一般的に行われる矯正には、根本的解決を目指したものではなく、 短時間の間、良くなったように見える事を目的とした手法を行っていることもあるようです。 そのため数日でまた元のようになってしまう事が多くあると言われています。

様々な広告やメディア等で「一回で何センチ改善しました」というような結果を繰り返し宣伝しているため、 多くの方がすぐに根本的に改善するのが当たり前と信じておられるようです。 O脚やX脚というのは発生メカニズムも複雑でそれほど簡単に根本的改善をできるものではなく、 長期的に体全体のバランスや問題を解決していった結果としてO脚やX脚が改善へ向かうのです。

O脚やX脚の原因は膝の問題だけではありません。 なぜO脚やX脚になってしまうのでしょうか?原因は様々でひとつの単純なものではないことがほとんどです。 人それぞれ様々な原因があり、O脚・X脚の原因は膝ではなく 背骨のゆがみ骨盤のゆがみなど、 他の部位によるものも多くあります。 そしてその他の部位のゆがみや悪い生活習慣を長く放置していたために、 少しずつO脚やX脚が形成されていくことが多くのケースで見られます。

O脚やX脚が改善するまでの期間

O脚やX脚はこれまで述べてきたように、単純に膝の調整をすればすぐ改善するというようにはなりません。 長期的に体全体の自覚がない問題まで調整を続け、日常生活の悪い習慣も改善することによってゆがみを減らし、 その結果少しずつO脚やX脚の改善が期待できるようになってくるのです。

Contents

Column

サイトマップ

サイト運営:杉並区荻窪の整体院

当サイトは杉並区荻窪の整体院: うだがわカイロプラクティック東京都杉並区荻窪整体院 が運営しております。 杉並区のほか東京都内の多くからも来院されています。

Copyright カイロプラクティック整体ガイド Since 2001
inserted by FC2 system