坐骨神経痛の特徴

坐骨神経痛

現代は慢性的な腰痛を訴える人が少なくありません。 その中には時々ギックリ腰(ぎっくり腰)になって激痛に苦しむ人もいるでしょう。 腰痛だけではなくお尻から太ももや足などに痛みや痺れが続き、時には歩けなくなるほどの症状が出る人もいます。 一般には、中高年になって身体を支える骨・筋肉・関節・靭帯が老化によって衰えてくることが、慢性的な腰痛や坐骨神経痛の原因だとも言われています。 しかし、若い人であっても起こることはあるのです。 そのようなお尻から太ももや足にかけて痛みや痺れが出る症状を坐骨神経痛と呼んでいます。 この坐骨神経痛という名前は病院などで医師によって付けられる正式な病名ではありません。 坐骨神経というのは背骨から出て、お尻から太ももの後ろを通り膝下から脛やふくらはぎを通って足先に伸びている神経です。 この坐骨神経に沿って痛むことから坐骨神経痛と一般に呼ばれているのです。 正式な病名は坐骨神経痛を起こしている原因である病気の名前になります。

坐骨神経痛を起こすような病気は、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどが整形外科では原因と言われることが多いので、 坐骨神経痛を感じると手術をしなければならないという先入観を持っている人もいるかもしれません。 しかし、重症なそのような病気がある場合でなければ、手術をせずに坐骨神経痛が解消するということも多いのです。 坐骨神経痛の多くは日常生活で正しい姿勢を心がけることで、予防することも出来ます。

坐骨神経

坐骨神経は腰神経と仙骨神経が集まって出来た神経です。 腰神経は背骨の中でも腰の部分の腰椎によって作られる椎間孔から出る神経で、仙骨神経は骨盤の中心の骨である仙骨から出ている神経です。 腰神経と仙骨神経が背骨や骨盤から出る前は、脊柱管と呼ばれる背骨の中にある管の中にあり、馬尾と呼ばれています。 馬尾というのは脊髄が腰椎の1番(骨盤から5個上の背骨)の位置から神経の束になっているのですが、その状態が馬の尻尾のように見えることから馬尾という名前が付けられています。 このように坐骨神経は腰椎の椎間孔や骨盤の仙骨にある穴から背骨の外に出ていますので、腰椎や骨盤に問題があるとそれが坐骨神経を刺激して坐骨神経痛を感じることがあるのです。

坐骨神経痛とカイロプラクティック(整体)

上記のように腰椎や骨盤に問題があると坐骨神経を刺激してしまいますので、それが痛みになると坐骨神経痛という状態になります。 重症となるような病気が無い場合、背骨のゆがみや骨盤のゆがみが原因となっていることが多くあります。 医学的な検査をして異常が無いと診断された場合でも、 サブラクセーション(背骨のゆがみ)がある場合があります。 それが原因となっている場合は、背骨の矯正や骨盤矯正を行うことで解消することが多いのです。

カイロプラクティックと整体は厳密には異なるものですが、一般的に区別されていない面もありますのでカイロプラクティックと整体を併記しています。

お尻から太ももや足にかけての痛みや痺れという症状は、閉塞性動脈硬化症や腫瘍などでも引き起こされますので、まずは医師の診察を受けることが重要です。

Contents

Column

サイトマップ

サイト運営:杉並区荻窪の整体院

当サイトは杉並区荻窪の整体院: うだがわカイロプラクティック東京都杉並区荻窪整体院 が運営しております。 当院は荻窪駅から徒歩3分の位置にありますので、 杉並区のほか東京都内の多くからも来院されています。

Copyright カイロプラクティック整体ガイド Since 2001
inserted by FC2 system