腰痛

腰痛の原因

座った姿勢から腰を伸ばして歩けないほど痛んだことはありませんか。 これは腰だけでなく、体のどこかに違和感を感じている人だけではありません。 腰痛は普段から健康だと自覚している人でも起こるのです。

腰痛の原因で最も多いのが、座っている姿勢の悪さによるものです。 正しい座り方は、脊柱の生理的湾曲と呼ばれる状態を維持した座り方です。 この生理的湾曲から外れた姿勢で座っていると、腰の周りを過度にストレッチしてしまい痛みを伴います。

腰をストレッチして「痛むはずが無い」と思うかもしれません。 確かにストレッチすることによって、縮んでいる組織を引き伸ばせば効果はあります。 しかし、引き伸ばされている組織をさらにストレッチすることによって、 さらに引き伸ばしてしまえば問題が生じるのです。

多くの人は意識しないで椅子に座ると、腰が丸くなっていきます。 この姿勢は筋肉をリラックスさせていますので、すこしの間であれば楽に感じる座り方です。 ところが、この姿勢でいる間は体重による負担を靭帯が支えることになります。

それならば正しい姿勢を意識さえすれば、腰痛は解消すると思うかもしれません。 もし背骨のゆがみ骨盤のゆがみが無ければ正しい姿勢を維持しやすいのですが、 腰痛に苦しむ人の多くは背骨のゆがみ骨盤のゆがみがあるために、正しい姿勢を持続することが困難です。 結果として悪い姿勢を取り続けることによって、腰に過剰な負荷がかかり腰痛となることが多いのです。

腰痛の解消

このような腰痛の対策は、姿勢の改善と運動療法が必要になってきます。

良い姿勢になれない理由はいくつかあります。 多くの原因がありますが、それぞれ単独あるいは複合的に組み合わさることにより、腰痛となっている場合が多くあります。 原因の一例とその対策は下のようになります。

背骨の関節が固くなって、正しく動くことが出来ない。

固くなった関節をカイロプラクティック独自の検査法により調べ、動きを取り戻す矯正を行います。

背骨の間にある椎間板が、長時間の悪い姿勢によって一時的に変形して、戻りにくくなっている。

縮んでしまった組織は軽い牽引を加え、伸ばされてしまった組織には圧縮を加えることにより、本来の機能を取り戻します。 椎間板の変形を長い間放置してしまうと、椎間板ヘルニアを引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

骨盤がゆがんでしまい、バランスが崩れている。

骨盤がゆがむと、座った姿勢で前後左右のバランスが崩れます。 骨盤で崩れたバランスを取り戻そうと、背骨がさらにゆがむ場合もあります。 骨盤のバランスを整えることで、前後左右の均衡を保つように調整することで、腰痛が解消されるように導きます。

一部の筋肉が緊張することによって、バランスが崩れている。

体の一部の筋肉が緊張すると、その方向に引っ張られてしまいます。 この場合はその筋肉の問題を解消することが、腰痛の対策になります。

以上は一例です。全ての腰痛がこのような原因や解消法になるものではありません。

Contents

Column

サイトマップ

サイト運営:杉並区荻窪の整体院

当サイトは杉並区荻窪の整体院: うだがわカイロプラクティック東京都杉並区荻窪整体院 が運営しております。 杉並区のほか東京都内の多くからも来院されています。

Copyright カイロプラクティック整体ガイド Since 2001
inserted by FC2 system